水槽レイアウトは雑誌のお手本通りに作っても納得できない理由「わけ」

シェアする

突然ですが皆さんは水草水槽レイアウト

のお手本に、ネットで画像を探したり

アクアリウム雑誌の解説通りにレイアウト

に挑戦した経験ありませんか?

僕も何度かチャレンジしてみましたが!

「違和感があって違う」とか「全く違う」

とか、結局上手くいかない事が多いですよね。

こんにちは、

スローアクアリウムライフにしです!

自分はそんな事ないよって方は

どうぞ読み飛ばしてください…..(^^!)

そんな方は

水草や熱帯魚の色彩にこだわって

水槽をレイアウトしましょう

をご覧ください。

お手本に近い素材と水草を揃え、

CO2の添加量も同じに設定してなど

それなりに出来ても1か月もすると

思ったように成長してなかったり、

一部の水草が絶えたり、ましてや

後からレイアウト変更などしよう

ものなら収拾がつかないしで、

とにかく良かった事はありませんでした。

rp_de42c1fd48a208e434b4fa1d92c15f49-150x150.jpg

考えてみれば相手は生き物で、

みんなお手本のように成長する方が珍しいし

細い事を言えば水質や日頃の水温、

泳いでいる生体の数など

水槽内の環境は、それぞれ違っていて

あたり前ですよね。

それに加えトリミングや

栽植スキルなど技術的にも上手い人

も居れば、始めたばかりの人もいるので

みんな同じ条件でって無いですよね。

まぁ、技術的なところは経験を

積めば上手くなっていきますが。

結局何を言いたいのかというと、

お手本を見習ったレイアウトには愛着

が持てないのではないかと思うのです。

layout001

レイアウト水槽ってその人の個性

が詰まった作品な訳で、レイアウトする人の

思いがそこには必要で、お手本に似せて

作っても作品に対するこだわりや気持ちが

入って無いから上手くいかないんだと思います。

もちろんですが、上手い人のレイアウトを

参考にする事は必要だと思います。
ただし丸々全部参考にするのではなく石や

流木の置き方だったり、水草の使い方

などは凄く参考になります。

そうする事で構図の取り方や素材の違い、

水草の成長の癖や熱帯魚の好みなど

基本的な所を理解出来るのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




癒しのミニ水槽はこちらをどうぞ↓

まとめ

今日は、今までの経験から思う事を勝手に紹介させてもらいました。

決してレイアウト方法を紹介している雑誌や他の方のブログを否定している訳ではありません、僕自身そうやってみて良い経験だったと思っています。

なぜならそうする事で色んな事を理解出来たと思うし、初めにそうした事で基本的なセオリーみたいな部分を知る事が出来たからです。

ただし!お手本通りに水槽をレイアウトをしても納得いかないって当然なんだと思います。

たとえ上手くレイアウト出来ていても、そこには自分の個性やこだわりが詰ってないですからね。

などとちょっと偉そうに思っています。

では、スローアクアリウムライフ!にしでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする